糸井重里「福島の桃」への中傷に怒った 「いまだに『福島のものを食べないで』という人が...」

印刷

   コピーライターでエッセイストの糸井重里(65)が8月22日(2014年)、「福島産の桃」に対する風評被害に怒ってツイートしている。

   福島県の桃の生産者たちは、原発事故で失われた信頼を取り戻すため日本各地でキャンペーンを行っている。しかし、福島産の桃を買ったり、「美味しかった」と感想を書いたりすると、いまだに「一部の人」から3年前と同じ「反論?」が飛んでくるという。「あらゆる不安に丁寧に答えようと地道に調査して計測してきた人」「安心でおいしい農作物を自信をもって届けられるようになった人」を「馬鹿にされたような思い」という。

   「福島のことを忘れないで。福島に来ないで。福島のものを食べないで」というのは「失礼なスローガン」「(そのようなことを言う)彼ら自身も含めてみんなを不幸にしているだけだろう」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中