土砂災害後初の地元試合で完封 広島マエケン「意味のある登板になりました」

印刷

   広島カープの前田健太(26)は「完封する事ができて本当によかったです。意味のある登板になりました」と、8月23日(2014年)のブログで喜んだ。

   22日、土砂災害後初めてのマツダスタジアムでの試合に先発投手として登板。阪神タイガースを相手に、今季初完封を達成した。

   「今の唯一の楽しみはカープが勝つ事です」というメッセージを被災者からもらったと明かし、「みなさんがそうではないかもしれないですが、そう思ってくれている方たちの為にも必死になって戦って行きたいと思います」と意気込みを見せた。

   そして、「この度、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。そして行方不明の方たちが一刻もはやく見つかる事を願ってます」と締めくくった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中