2018年 9月 26日 (水)

土砂災害後初の地元試合で完封 広島マエケン「意味のある登板になりました」

印刷

   広島カープの前田健太(26)は「完封する事ができて本当によかったです。意味のある登板になりました」と、8月23日(2014年)のブログで喜んだ。

   22日、土砂災害後初めてのマツダスタジアムでの試合に先発投手として登板。阪神タイガースを相手に、今季初完封を達成した。

   「今の唯一の楽しみはカープが勝つ事です」というメッセージを被災者からもらったと明かし、「みなさんがそうではないかもしれないですが、そう思ってくれている方たちの為にも必死になって戦って行きたいと思います」と意気込みを見せた。

   そして、「この度、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。そして行方不明の方たちが一刻もはやく見つかる事を願ってます」と締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中