ダンカン「治療費支払い拒否報道は嘘八百。オレとママリン夫婦を冒涜するのは止めて下さい」

印刷

   タレントのダンカン(55)が8月23日(2014年)、「女性セブン」による「亡き妻への治療費支払いを拒否しつづけた」という報道をブログで否定した。

   21日発売の「女性セブン」(9月4日号)は今年6月に死去した妻・初美さん(享年47)への治療費支払いをダンカンが拒否し続けたため、初美さんと初美さんの両親が工面せざるをえなくなっていたと報じた。

   この件について、「オレとママリン夫婦を冒涜するのは、止めて下さい」「そんな嘘八百で天国のママリンを悲しませたくない…」と語った。

   実際は「家を売ってでも治療するつもりでした(ママリンの両親も、いざとなったらうちも家を売る覚悟で話してました)」と明かしている。

   ブログの最後でも「とにかく、ママリンを傷つけるのは許せない!!」と憤っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中