代ゼミ・金ピカ先生「予備校縮小してもオフィスビルには一等地。結婚式場の話も」

印刷

   3大予備校のひとつ「代々木ゼミナール」(学校法人・高宮学園)が、全国に27ある拠点校のうち20校を来年3月(2015年)で閉鎖すると発表した。18歳人口が減少し、大学はほぼ全入時代という現状から、予備校は冬の時代だ。といって、なぜか悲壮感はないらしい。

残るのは全国27拠点のうち7校。全国模試も廃止

   仙台駅東口前の一等地に建つ代ゼミ仙台校の前に、所太郎レポーターがいた。ここも閉鎖される拠点のひとつで、90年代には3000人が通っていたというのがウソのように閑散としている。周辺には学生で潤っている商店も多かった。そば屋さんには予備校生向けの学割セットもあった。「いつも行列だったね。いまは10人いた らいい方だね」

利用しやすい土地

   代ゼミは1957年に創立された。駿台、河合塾と並ぶ大手として、80年代には全国に拠点を設け、89年には日本武道館で入学式もやった。当時、上下キンキラのスーツ姿で人気講師だった「金ピカ先生」こと佐藤忠志氏は、「500人のクラスが2時間で締め切り。徹夜で並んだり、講座がとれてもいい席をとるのにまた並んで大変だった」と話す。

   しかし、人口の減少はすでに始まっていた。18歳人口は92年の205万人をピークに減り始め、01年には151万人、14年には118万人にまで減った。さらに、現役志向の高まりで予備校の中心である浪人生が激減した。拠点閉鎖は必然だった。「むしろいままでよくがんばった」と佐藤氏はいう。

   残るのは、10校あった首都圏でも代々木の本部校と造形学校のみ。あとは札幌、新潟、名古屋、大阪南、福岡だけだ。また、来年4月以降は全国規模の模擬試験も廃止し、40歳以上の職員の希望退職も募るという。

予備校経営から不動産業に転換

   司会の羽鳥慎一「おどろきましたね。しかも縮小規模が27から7と極端ですからね」

   高木美保(タレント)「経営自体は不動産などでしっかりしていたのではないかですか。友人は『箱もの』といってましたが、一等地の建物は次の利用がやりやすいんだとずいぶん前から聞いていました。その現実がこれということですね」

   羽鳥「ボクらの時はぎゅうぎゅうでしたよ」

   岩上安身(ジャーナリスト)「団塊ジュニアですか? その後の少子化の影響は、保育所から小学校向けビジネスと順々におよんで、いま予備校と大学、次に自動車と不動産といわれています」

   所は「つぶれたら結婚式場にする構想は早くからあった」「駅の近くの立地はオフィスなどとして売却しやすい」という佐藤氏の話を伝えた。たとえば、名古屋駅前の19階建ての拠点ビルはいま工事中だが、1~4階は予備校、5~19階はホテルになる。代々木の本校舎跡地はすでに「代々木ヴィレッジ」という複合商業施設になっており、路線価格で坪1000万円くらいという。

   羽鳥「ビジネスとしては、将来を見据えていろいろ考えていた」

   岩上「波に乗って拡大して巧みに縮小して、経営者は相当な切れ者ですよ。むしろ大学の方にビジョンがない」

   18歳人口がどうなるかなんて、18年前からわかっていること。年金の推移を見ていてもわかる。日本人は近眼が多いらしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中