2018年 8月 20日 (月)

気づいてた?5月から新5000円札―10倍の値がつくプレミアムもの探せ!

印刷

   「5月から発行されている新しい5000円札です」と小松靖アナが見せる。「気づかなかったという人も多いと思いますが、これに早くもプレミアがついているものがあるんです。すべての人にチャンスがあります」という。どういうことか。

ホログラムの透明層が楕円から長方形に

   従来のお札と新5000円札で変わったところは2か所。日銀は「印刷面と手触り感の異なるホログラムの透明層が1.7倍になり、形も楕円から長方形になったんです」と説明する。

チャンスありです

   といわれてもピンとこない。お札は使っているうちにすり減る。目の不自由な人のためについている識別マークがすり減ると識別できなくなってしまう。そこで、ホログラムをカバーしている透明層の形も変えて、これだけでも識別できるようにしたというのだ。もうひとつが、数字の色が黒から茶色になった。これは見ただけでわかる。

   10月(2014年)にはポータブルの紙幣読みとり機が発売になるという。目の不自由な人のためのもので、機械に紙幣の隅を重ねると「1万円です」などと音声で知らせてくれる。これに対応させるため、新5000円札を早めに発行する必要があったということか。

札番号のアルファベット「A・数字・A」なら2倍、ぞろ目は10倍

   ところで、小松が「チャンスがある」といったのはなにか。コレクションのために紙幣を売買している業者に聞くと、「これは倍くらい(の価値がある)」 「これは10倍」などという。司会の羽鳥慎一が目を丸くしている。「なにが?」

   松木安太郎(サッカー解説者)「知ってたら一生懸命調べてたよ」

   羽鳥「気付きましたか」

   立花胡桃(作家)「気づかなかった。どうしてプレミアムなの?」

   小松の説明によると、数字とアルファベットだという。札番号はアルファベットではじまり、6ケタの数字のあとにまたアルファベットがある。このアルファベットがAに近い方がいいのだそうで、見せたサンプルは「A 数字 A」となっていた。

   小松「そろっていると2倍になります」

   次に出した番号は「B111111T」

   小松「ぞろ目になっていると10倍です」

   松木「だけど、5000円としてしか買えないんですよね」

   宇治原史規(タレント)「ぞろ目だから5万円とはならない」

   羽鳥「お店にもっていくと、5万円で買い取ってくれるんですか」

   小松「店での売り値が5万円なので、買い値はそれより安くなります。でも、これがA……Aでぞろ目だと、何十倍の世界だそうです」

   萩谷順(ジャーナリスト)「お札のデザインが新しくなったときがチャンスなんだね。次はいつですか」

   小松「造幣局じゃないので…」

   羽鳥「5000円札はまだチャンスがあるということですね」

   小松「そうです」

   クシャクシャじゃだめよ。ピン札のうちが命。ピン札なら5000円札に限らない。でも、みんなすぐ使っちゃうよな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中