クモの糸出すカイコ!これまでの1・5倍切れにくい生糸―耐火性高く防災ロープ

印刷

   茨城県つくば市の農業生物資源研究所は生糸の1.5倍の切れにくさで、耐火性のある糸をつくるカイコを開発した。このカイコはオニグモの遺伝子を組み込まれているという。井上貴博アナは「けさ28日(2014年8月)の毎日新聞が伝えているのですが、クモの糸は強いといわれていたんですが、クモは共食いして飼育しづらかったのだそうです」と紹介した。

蛍光シルク生み出すクラゲやサンゴの遺伝子を組み込んだカイコも登場

   農業生物資源研究所は遺伝子組み換え技術を応用して、いわば「カイコからクモの糸」が取れるようにしただという。世界で初めての技術だそうだ。

凄いね

   キャスターの齋藤孝「すごいですね。クモの遺伝子をカイコに組み込んでるんですか」

   この糸は手術用や衣服、防災ロープなど幅広い分野で利用できる可能性があるという。同研究所はほかにもクラゲやサンゴの遺伝子を組み込んだカイコを開発しており、赤色蛍光シルクや緑色蛍光シルクを生み出しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中