ASKA初公判!判決は「懲役2~2年半。執行猶予3~5年」?

印刷

   覚醒剤取締法違反などで起訴されたASKAの初公判がきょう28日(2014年8月)午後に東京地裁で開かれ、ASKAは起訴事実を全面的に認めた。傍聴希望者は午前8時20分頃から東京地裁と道路を挟んだ日比谷公園に並び始めた。田中良幸リポーターは「先頭の人はけさ4時に新潟から来たそうです。ASKA容疑者が裁判で何を語るのかを直接聞きたいと話していました」と伝えた。

きょう結審し、2、3か月後に判決言い渡し

   司会の小倉智昭が「量刑はどのくらいですか」と弁護士の若狭勝氏に聞く。「懲役2年、あるいは2年6か月が考えらます。3年から5年の執行猶予もつくと思いますが、保護観察がつく可能性が高いです」

量刑は?

   裁判はきょう結審し、2、3か月後の予想される次回公判で判決が言い渡される。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中