盲導犬が刺された!電車の中で嫌がらせ?痛みこらえ血だらけでパートナー誘導

印刷

   朝日新聞への投書。50歳の会社員からで、「娘と一緒に働いている全盲の方の盲導犬が傷つけられた」という内容だった。盲導犬は何があっても吠えないように訓練されている。それをいいことに虐待する人でなしがいた。

   盲導犬はオスカーという名のラブラドールレトリバーのオスの9歳で、パートナーと職場に入ってきたとき腰のあたりが赤いのに周囲が気づき、犬のジャケットをめくったら血だらけだった。フォークのようなもので刺したらしいが、どこでやられたかはわからない。パートナーは「気づいてあげられなかった」と悔し涙を流す。

訓練通り吠えもせず職場まで案内!深さ1センチ4か所に刺し傷

   パートナーの男性(61)は10年前に視力を失った。オスカーと連れ添って8年になる。「私の目であって、大事なパートナーです。体の一部ですね」という。先月28日(2014年7月)朝、オスカーとJR浦和駅から電車で職場へ向かった。職場で気づくまで、どこで何があったかはわからない。深さ1センチほどの傷が4か所あった。大事には至らなかったが、男性が受けた心の傷は深い。「もう人間不信になりましたね。なんで無抵抗なのに刺すんだろう」

tv214261_pho01.jpg

   盲導犬は生まれた時から、盲導犬になるべく訓練される。まず家庭で愛情いっぱいに育てられ、人間が大好きになる。成犬になると適性を見極めて訓練が始まる。目の見えない人の生活を支えるのだから訓練は厳しい。人混みや横断歩道、交差点を誘導し、電車やバスにも乗る。パートナーに危険が迫ったときにしか吠えない。食べ物もパートナーからしか食べない。ある意味、犬としての本性を殺して、人のために一生を捧げるのだ。1匹1匹にドラマがある。

   しかし、近年、盲導犬に対する虐待は増えているという。たばこの火を押し付ける。マジックでいたずら書きをする。わざと尻尾を踏む…。盲導犬はそうしたときも声をあげないから、飼い主はその場にいても気づかないことが多いのだという。

公開捜査で必ず犯人検挙しろ!最近増えてる盲導犬への虐待

   盲導犬育成団体は「目の見えない人の目ですから、飼い主の目をきずつけるのと一緒」と怒る。オスカーの飼い主は警察に被害届を出した。「絶対に許せない。あんたも同じ赤い血が出るだろうって」

   司会の羽鳥慎一「ひどい話ですね。いったう、どういう人間がこんなことをするんでしょうか」

   宮田佳代子(フリーキャスター)「同じ人間としてやりきれない。犬に対して恥ずかしいですよ」

   赤江珠緒キャスター「警察は調べているんですか」

   取材した黒宮千香子レポーターは「動物愛護法違反か、より重い器物損壊罪かで捜査しています。ただ、電車の中で刺されたと思われるので特定が難しく、聞き込みで難航しています」と伝える。

   松尾貴史(タレント)「盲導犬、介助犬保護法みたいなものをつくらないといけない」

   器物損壊なんだよね、犬は。ふざけた話だ。だから警察も本気になるとは思えない。でも、逆にこれを話題にして公開捜査で目撃情報を集めて、世論にアピールすることだってできなくはない。なんとか犯人を捕まえたいという意欲かな、最後は。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中