田母神俊雄「留学生30万人計画とんでもない話。事実上の移民計画。現状も減らせ」

印刷

   元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄(66)が8月26日(2014年)、文科省が進めている「留学生30万人計画」をツイッターで批判した。

   08年に福田政権下で策定された「留学生30万人計画」は、国の「グローバル戦略」を展開するため、20年をめどに30万人の外国人留学生を受け入れるというものだ。

   田母神は「留学生30万人計画に反対」「留学生を年間30万人も入れるなど、とんでもない話」「事実上の移民計画」と強く批判、「卒業後に日本で就職した場合、(外国人留学生が)なし崩し的に定住化する」と懸念した。

   そして「現状でも外国人留学生は多過ぎます。むしろ減らす方法を考えるべきでしょう」と提案している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中