「アイス・バケツ・チャレンジ」パメラ・アンダーソン拒否!「ALS研究で動物実験反対」

印刷

   筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究支援をしようという「アイス・バケツ・チャレンジ」の輪は広がり続けている。しかし、この動きに水を差す意見もある。米国では、胚幹細胞を使ったALSの研究に批判的なカトリック教会の一部がチャレンジに反対を唱えている。動物保護活動家として知られる女優パメラ・アンダーソンは、自身のフェイスブックで「楽しみながらの啓蒙活動は素晴らしいことだけれど…」とした上で、ALSの動物実験に反対し、チャレンジ拒否を表明した。

クリステン・スチュワート「水もったいない」と風呂の残り湯

   ネットでは「水がもったいない」という姑的意見もあり、女優アン・ハサウエイから指名を受けたクリステン・スチュワートは、お風呂の残り湯を使ってチャレンジを行い、これはこれで話題になった。

   賛同しても反対しても話題作りはばっちり。誰もがウイン・ウインなALSアイス・バケツ・チャレンジ、広がるわけだ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中