2018年 9月 22日 (土)

エア・ギター世界一の名倉七海「最後まで諦めないで頑張ってきて本当に良かった」

印刷

   タレントの名倉七海(19)が8月30日(2014年)、フィンランドで開催された「エア・ギター」の世界大会で優勝した。ギターを弾く真似を競う大会で、日本人の優勝は、お笑いコンビ「ダイノジ」大地洋輔(42)以来、7年ぶりとなる。

   名倉は12年から、エアギターアイドルユニット「Telepathy(テレパシー)」に所属。14年4月の解散以降は、ひとりで活動している。ブログでは優勝を報告し、「これまで本当に色んなことがあったけど、最後まで諦めないで頑張ってきて本当に良かったと思いました」と話す。

   世界大会のレベルの高さを感じつつ、「勝っても負けても、一番は楽しんだもん勝ちだ!!」と意識したから優勝できたと報告。「『努力は人を裏切らない』本当にそうだなって。諦めなければ夢は叶うんだ!って心から思いました!!」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中