エア・ギター世界一の名倉七海「最後まで諦めないで頑張ってきて本当に良かった」

印刷

   タレントの名倉七海(19)が8月30日(2014年)、フィンランドで開催された「エア・ギター」の世界大会で優勝した。ギターを弾く真似を競う大会で、日本人の優勝は、お笑いコンビ「ダイノジ」大地洋輔(42)以来、7年ぶりとなる。

   名倉は12年から、エアギターアイドルユニット「Telepathy(テレパシー)」に所属。14年4月の解散以降は、ひとりで活動している。ブログでは優勝を報告し、「これまで本当に色んなことがあったけど、最後まで諦めないで頑張ってきて本当に良かったと思いました」と話す。

   世界大会のレベルの高さを感じつつ、「勝っても負けても、一番は楽しんだもん勝ちだ!!」と意識したから優勝できたと報告。「『努力は人を裏切らない』本当にそうだなって。諦めなければ夢は叶うんだ!って心から思いました!!」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中