難病・林家こん平「24時間テレビ」で10年ぶりの出演!「1、2、3チャラ~ン」

印刷

   「大きなキセキ、小さなキセキ」をテーマに行われた日本テレビ系の24時間テレビの特集なかで、難病と闘っている落語家の林家こん平(71)と17歳の少年が、がんと闘いながら片足でイルカショーに挑んだ努力の軌跡をたどった。

「笑点」仲間の桂歌丸「こんちゃんはとにかく意志の強い人です」

   24時間テレビの主会場である武道館に出演したこん平は感無量だったろう。ちょうど10年前の2004年8月、24時間テレビの「笑点コーナー」に出演したあと倒れて緊急入院、意識不明で全身硬直の状態だったという。

すげぇ~

   病名は多発性硬化症。中枢神経系の異常でさまざまな症状が出る原因不明の病気だ。彼の場合は手足の麻痺と声帯不随が主だった。落語家にとって声がでない辛さは他人にはわからない。それでも家族の支えで懸命にリハビリに励んだ。しかし、昨年6月(2013年)、糖尿病を併発して一時は呼吸困難で心肺停止に陥り、左足小指の壊死になった。それでも頑張った。

   24時間テレビ出演のためにテレビカメラが自宅に入り、朝食を散る姿を撮ると、動かなかったはずの右腕が動いた。習い性というのか、2女の咲は「オオッ」と驚き、「テレビカメラのおかげです」という。武道館の舞台で桂歌丸(78)が「こんちゃんはとにかく意志の強い人です。いつまでも強い意志を持っていてもらいたい。お願いします」と激励すると、「ありがとうございます」。そして10年ぶりにあの「1、2、3チャラ~ン」の掛け声を披露した。

がんと闘う片足の17歳!イルカショーに挑戦―口先に乗ってせり上がる大技

   片足で難関のイルカショーに挑戦した少年は大野裕貴さん(17)。滑膜肉腫というがんに侵され、昨年、生きるために左足を切断した。さらにがんは肺に転移し闘病中だ。その裕貴さんが生きている証に挑んだのがイルカショーだった。水中でイルカの口先に片足を合わせ、そのまま一気にせり上がり、空中でポーズをとるショーだ。両足でもバランスを取るのが難しい難関技である。

   向かった先は茨城県の大洗水族館「アクアワールド」。特訓を重ねるが、片足でバランスを取りせり上がるのは至難の技なのだろう。何度も何度も失敗するが、イルカが体を寄せて励ますのに応え、「悔しいし、しんどい」と言いながら頑張った。

   当日は通常のショーが終わっても観客は残ったまま見守った。水中で裕貴さんの片足をイルカが口で押しながら泳ぐ「フットプッシュ」という技に皆が拍手喝采。最後に、イルカと合図を交わした裕貴さんがイルカの口に片足を乗せて一気に空中にせり上がりピースサインをした。奇跡なら1回きりで終わりだが、日ごろの大きな努力があっての成功だ。終わった裕貴さんが笑顔で「成功してよかった」

   キャスターのテリー伊藤「こん平師匠に会えてよかった。辛い思いもあったと思うけど復帰してほしいですよね」

   勝谷誠彦(コラムニスト)はイルカショーに挑んだ少年に「私たちよりもアスリートとして凄い人がいっぱい出てきている。見方を変えないといけないですね。ハンディーキャップがあるからすげぇ~じゃなくて、ただただ、すげぇ~」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中