松本人志「24時間テレビでギャラもらいましたよ。仕事やから」裏番組が一発かました「障がい者チャリティー」の舞台裏
<ワイドナショー>(フジテレビ系)

印刷

   ダウンタウン松本人志の「ワイドナショー」は、視聴率はさほどでもないが、毎回、ネットのニュースなどが松本の発言をすぐに記事にするなど、なにかと注目度の高い番組だ。冒頭、松本が「ちょっとだけお時間いいですか、うちの親父が死んだんですよ」と報告し、周りの沈む空気を見て「どうしていいかわからないでしょ。香典戴いていいですか?」と笑いに変換していたが、それも数時間後には記事になっていた。
   ほかにも、「アイスバケツチャレンジ」の話題から「チャリティーのあり方」についてトークが始まり、以前、日本テレビ系「24時間テレビ」の司会を務めた松本が、「ギャラもらってええのかという話になるのね。ギャラ、もらいましたよ。それはやっぱり仕事やから。もらったお金をどう使うかはこっちの勝手じゃないですか。それは言いたくないけどね」と発言し、これもニュースになっていた。
   「24時間テレビ」については、この日のゲスト乙武洋匡も「『24時間テレビ』は障がい者の一面しか見せない。障がい者にも怠け者はいるし、どうしようもない奴はいる」と話す。「自分に司会の依頼があったが断ったら、代わりに小錦がやっていた」などと暴露していた。「24時間テレビ」はこの放送のちょうど裏で、遠回しの「24時間テレビ」批判というわけか。この番組は生放送ではないので、意図的に放送したとしか思えない。果たしてこれもニュースになるか、見モノだ。(放送8月31日10時~)

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中