2018年 10月 24日 (水)

大雨・日照不足…秋の味覚は大丈夫か?期待できそうなマツタケ豊作

印刷

   東京都内のスーパーでは、8月(2014年)初めにキュウリは8本150円だったが、いまは5本で250円、ナスも2倍に跳ね上がっている。原因は8月の記録的な雨量と日照不足だ。とくに西日本の8月の日照時間は平年に比べ30~40%も少なく、雨量も平年の3倍と多かった。

農水省 各地にコメの「いもち病」警報・注意報

   農水省は佐賀、福岡、大分、山口、鳥取の5県に日照不足でカビが稲穂に付着し枯れてしまう「いもち病」の警戒情報、大阪や滋賀、秋田などに注意情報を出した。

高いからなあ

   1993年には冷夏で米が不足し、消費者や卸売業者が米確保に奔走して「平成に米騒動」が起きたが、さて今年はどうか。農業流通ジャーナリストの小林彰一氏は「大型産地の新潟など東北や北海道は豊作。いもち病の発生地域は大変だが、消費量は十分カバーできるでしょう」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中