大御所ナレーター涙出そうな心遣い…さんざん待たせたのに「大変なのは制作の皆さん」

印刷

   番組のイメージを意外に大きく左右するのが、声。そう、ナレーションだ。最近、ある番組のナレーションが有名な女性タレントから男性になり、随分とイメージが変わった。視聴者の気持ちを代弁してくれていたようなナレーションから、淡々と客観的に出来事を伝えるだけのナレーションになった。別番組になったのかと思うほどだ。

   そのぐらい、ナレーションは番組のイメージを左右する重要なセクションだ。だが……

さすがプロ!いざ収録は一発OK

「お待たせしましたあ」

   ナレーターさんのスケジュール管理はすさまじい。番組制作中でナレーターさんにブースに入っていいただき収録するのはたいていが夜中だ。たとえば、「23時に編集スタジオに来て下さい」といった感じ。だが、そのまますぐ打ち合わせをして収録になる場合はほぼない。そこからひたすらお待ちいただく。まだVTRが繋がっていない。だからナレーションも書けない。

   このナレーションが書けないというのは私たちの責任である。でも、VTRの尺を書き留めて、その時間に合わせて的確な文章を書くというのは、やはり少々時間をいただくことになる。次々にできあがってくるVTRに合わせて、ひたすら頭をフル回転させてパソコンに向き合って書いていく。

   というような作業がナレーターさんがいらっしゃってからも続くわけで、最終的にブースに入るのは26時といった感じになる。ようやく「お待たせしましたあ」とナレーターさんに声を掛けさせていただく事になる。

   ところが、そこはさすがプロ。そこまでお待ちいただいていざ収録となると、1時間番組でもナレーション録りは40分ぐらいで終わる。よほど言葉を噛んだり詰まったりしないかぎり、たいていが1発OKだ。

   ひどいときは、19時に入っていただいているのに、まったく制作が進まずに24時過ぎに「やはりきょうはお引き取りいただいて、あすの朝7時にお願いします」なんてこともある。それも、周囲に飲食店も何にもない台場付近となると悲惨だ。ただやってきて、タクシーで送り返されるだけ。待って待って待って、この扱い。制作のワガママに根気よく付き合っていただくことが多い。

帰りがけにはこちらの夜食の心配まで…

   だが、愚痴も言わずに笑顔で応対して下さるのが、声優、ナレーター歴が長い大御所だ。

「一番大変なのは制作の皆さんですからねぇ。私なんてパパっと来て読むだけですから。それなのにつっかえたりして本当に申し訳ございません」

   ナレーション収録が27時に終了した番組で、ある有名な女性の声優さんがかけてくれた言葉だ。さらに、「夜食は麺類だとダメよ。食べるタイミングが難しくてブヨブヨにのびちゃうから。ご飯ものにしたほうがいいのよ。ちゃんと食べて、この後しっかり睡眠もとってね」とスタッフの体調まで気遣ってくれる。

   そして笑顔で「放送を楽しみにしていますね。最後まで頑張って」と言ってタクシーに乗り込んで帰られた。おそらく彼女は60歳近いのではないだろうか。27時は体に堪えるだろうに、果たして自分はそこまでできるだろうか。スタッフ一同、涙が出そうになった。

   番組のイメージを左右するナレーターさんにもっとやりやすい環境でお仕事をしたい。それを目標にこれから励みたいと思う。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中