板尾創路「脂肪腫の摘出手術受けました。10日程で抜糸し全快する予定」

印刷

   お笑いタレントの板尾創路(いつじ=51)が9月1日(2014年)、「脂肪腫」の摘出手術を受けたとツイッター、画像共有サイト「インスタグラム」で報告した。

   包帯で巻かれた自らの腕の写真を掲載し、「思わぬミニ手術… 脂肪腫摘出」と述べた。「10日程で抜糸し全快する予定」という。

   ファンからは「お大事にしてください」「ずっと元気でいてね?」など応援のコメントが寄せられている。

   脂肪腫は皮膚と筋肉の間(皮下組織)によく発生する「良性腫瘍」で、痛みや運動障害を引き起こすことはまれだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中