2022年 8月 9日 (火)

<アオイホノオ>(テレビ東京系)
暑苦しい柳楽優弥より気になる岡田斗司夫の『業界暴露』実名登場のヘンな人物のヘンな行動…あれってホント?

モータースポーツの世界観を表現した『ECB-2000』

「ひとくせ役者」安田顕やムロツヨシ…どうにも大学生に見えない可笑しさ

   主人公の焔モユルは自信過剰のやたら暑苦しい人物。名前も名前だが、柳楽くんの黒い肌、海老蔵も真っ青の目ヂカラいっぱい、あくまでも濃い顔のどアップに次ぐどアップ、いやー、真夏には向かないぞ。それを中和してくれるのが、モユルが憧れる年上の森永とんこ(山本美月)のふんわりとしたかわいらしい関西弁だ。とんこのガチガチ80年代の髪型が笑える。

   実在の天才クリエイターの役で安田顕やムロツヨシなどの「ひとくせ役者」(私の勝手な命名だ)が出ている。どう見ても大学生には見えなくて、他の学生たちから浮きまくっているけど、平然としたそういうキャスティングが福田雄一(脚本・監督)らしい。(金曜深夜0時12分)

(カモノ・ハシ)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中