青木英李デング熱退院 「入院中は精神的にも体力的にも辛い日々。来週からはお仕事復帰できそう」

印刷

   「デング熱」を発症して療養中だったタレントの青木英李(25)が9月5日(2014年)、ブログで退院を報告し、元気な様子を見せた。

   青木は3日に退院、以後自宅療養が続いている。「入院中は精神的にも体力的にも本当に辛い日々」だったというが、今は体調もある程度回復し「来週からはお仕事復帰できそう」という。

   「早く100%元気になって、今まで通りこのブログも再開したくてウズウズしてる」と書いている。

   青木は情報番組「王様のブランチ」(TBS系)のロケで8月21日に代々木公園を訪れた際、感染したとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中