デング熱「ワクチン開発」2015年度から欧米で最終治験―武田薬品

印刷

   デング熱の感染が広がり、新宿御苑が調査などのために閉鎖されたり、皇居・東御苑でも入園者に注意の呼びかけがされたりしている。

   井上貴博アナ「どこまで広がっているのか、どれだけウイルスを持った蚊がいるのでしょうか」

優先使用は死者の出ている東南アジアやアフリカ

   いまのところデング熱には特効薬やワクチンがないが、ワクチンは開発中だという。武田薬品工業はデング熱予防のワクチンの最終的な治験を2015年度中に欧米ではじめるそうだ。海外ですでに実施した初期段階の治験で、ワクチンを投与した人に抗体ができることが確認され、安全性も確認された。

急がれる実用化

   井上「まず欧米で実用化するということで、日本での投入はまだ考えられてないそうです」

   開発されても、優先的に使われるのはデング熱で毎年死亡者が出ている東南アジアやアフリカだろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中