パラリンピック走り幅跳び・佐藤真海「結婚しました。OLアスリートとしての活動は変わりません」

印刷

   パラリンピック女子走り幅跳びの佐藤真海選手(まみ=32)は9月8日(2014年)、7日に結婚したとツイッターで報告した。

   日刊スポーツの報道によると相手は五輪招致活動で知り合った1歳上の広告代理店勤務の男性で、昨年からの交際を経てゴールインしたという。

   「OLアスリートとしての活動は今後も変わりませんが、より肩の力を抜いて楽しくやっていきます」とのコメントを発表している。

   佐藤選手は13年にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会で最終プレゼンターの1人として登壇し、スピーチを披露。20年の東京五輪・パラリンピックの招致成功に大きく貢献した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中