2018年 9月 23日 (日)

パラリンピック走り幅跳び・佐藤真海「結婚しました。OLアスリートとしての活動は変わりません」

印刷

   パラリンピック女子走り幅跳びの佐藤真海選手(まみ=32)は9月8日(2014年)、7日に結婚したとツイッターで報告した。

   日刊スポーツの報道によると相手は五輪招致活動で知り合った1歳上の広告代理店勤務の男性で、昨年からの交際を経てゴールインしたという。

   「OLアスリートとしての活動は今後も変わりませんが、より肩の力を抜いて楽しくやっていきます」とのコメントを発表している。

   佐藤選手は13年にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会で最終プレゼンターの1人として登壇し、スピーチを披露。20年の東京五輪・パラリンピックの招致成功に大きく貢献した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中