2018年 7月 23日 (月)

松岡修造、錦織を祝福「ここがスタートだ!」応援に熱入れすぎギックリ腰も

印刷

   全米テニス男子シングルスで、錦織圭が日本人で初めて準優勝に輝いた。

   かつて錦織を指導したことがある松岡修造は9月9日(2014年)、「ファイナル 圭ありがとう」というタイトルのブログを更新。「試合が始まる前から僕の心は絶頂に達していた。嬉しさと、そしてこれから始まる戦いに体の震えが止まらない」と、かなりそわそわして試合を見ていたようだ。

   錦織は残念ながら決勝で敗れてしまったが、「圭、ありがとう。感動、希望、そして可能性をありがとう」と素晴らしい結果に感謝。そして「あえて言わせてください。ここからだ!ここがスタートだ!圭の本当の夢を掴んでくれ!」と叱咤した。

   ちなみに松岡は9月7日からジュニア育成のキャンプに指導者として参加していて、知らず知らずのうちに疲れがたまっていたようだ。応援に気合が入りすぎたこともあり、ギックリ腰になってしまったという。

「・・・やはり僕は松岡修造だった!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中