川島永嗣 ベネズエラ戦のミスキャッチ「私がぶち壊してしまった」

印刷

   サッカー日本代表のゴールキーパー、川島永嗣(スタンダール)が9月10日(2014年)、前日に行われたキリン・チャレンジカップ「日本・ベネズエラ」戦の痛恨のミスをブログで語っている。

   後半26分のことだった。相手方のロングシュートを正面で受けながらキャッチミス、ボールはそのままゴールネットへと吸い込まれた。

   ゴールキーパーは「90分の中でどれだけいいプレーをしても一つのミスが試合のすべてを変えてしまいます」「一つのミスも許されない。常にミスと隣り合わせ」というポジションだと語り、「(昨日は)せっかく若い選手の頑張り、新しいチームの勝ちへのこだわりを、自分のせいで結果に変えることができませんでした」「本来なら自分が引っ張っていかなければいけない立場ながら、申し訳ない気持ちでいっぱいだし、自分に対しても本当に残念な気持ちです」と悔しがる。

   「起こってしまったミスを受け入れてまたここから前に進んでいきます」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中