2018年 7月 23日 (月)

尾木ママ「全盲女子高生蹴り上げ事件、弱者にきつい現在の日本を象徴するよう」

印刷

   教育評論家の尾木直樹・法政大学教授(67)が9月10日(2014年)、全盲の女子高校生が川越駅コンコースで何者かに蹴られ負傷した事件について「憤り通りこして脱力感と悲しさ...」を覚えたとブログで嘆いている。

   女子高校生の持つ白杖につまずいた腹いせに、何者かが右脚ひざの裏側を強く蹴ったという。

   尾木は「万一つまづいとしたら...あっ、ごめんなさい!大丈夫ですか?と声かけるのが常識だと思います」といい、この行為は「暴行傷害罪」「全盲の子ども、それも女子高生に対する虐待行為」「社会的モラル違反」「社会的、身体的弱者に対する信頼裏切り行為」に怒り心頭だ。

   「先の盲導犬が刺された事件に通低する弱者にきつい現在の日本象徴するようでたまりません...」「なんて世の中になったことでしょうか...」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中