<アラサーちゃん 無修正>(テレビ東京系) 金曜深夜0時52分~)
壇蜜エロさ全開!惜しげもなく肌露出、危ないトーク...地上波でここまでやっていいの?

印刷

   今期ドラマで壇蜜が大活躍だ。NHK朝ドラ「花子とアン」に登場し、吉原の娼妓・雪乃を熱演していたかと思えば、テレビ朝日系「匿名探偵」にゲスト出演し、ナースにチャイナドレスとコスプレ七変化を見せた。そして、テレビ東京系「アラサーちゃん 無修正」でいよいよ本領発揮である。壇蜜初の主演ドラマだ。キャッチコピーは「アラサー男女の恋とセックスの手の内をバラした解体新書!」

チープなセットがいかがわしさ倍増

   原作は「恋のから騒ぎ」(日テレ系)出身で元AV女優という経歴の漫画家・峰なゆかが「週刊SPA!」に連載中の4コマ漫画だ。恋愛やセックスを軸にアラサー女子の生態、男子への本音をリアルに描いていると人気がある。登場人物に名前はなく、アラサーちゃんのほか、女子力全開のゆるふわちゃん、キャバ嬢のヤリリンちゃん、サバサバちゃん、非モテちゃん、オラオラくん、文系くん、大衆くんと、漫画と同じ呼び名で通している。

   家具なども最小限で、いかにもお金のかかっていないコントのようなチープなセットだが、それが逆にいい味を出している。内容もドラマ8割、コント2割といった感じか。

   ゲスの極み乙女。の「猟奇的なキスを私にして」をバックに、出演者たちが全員で踊るオープニングが楽しそうでいい。ある意味、ここが1番お金がかかっているかもしれない。

   壇蜜は惜しげもなく肌を露出する。地上波でここまでやっていいの? というエロシーンも満載だ。

   ドラマの後、原作者の峰なゆかと壇蜜が視聴者のお悩み相談を受け付けるコーナーなどもあり、エロくてタメになる新感覚のバラエティドラマといえる。

   見たくなったという人はTSUTAYAに直行。1~3話を収録した第1巻、4~6話を収録した第2巻がともに未公開エピソードのおまけつきでレンタルが開始されている。まだ放送中なのに、これは極めて異例なことだ。(金曜深夜0時52分~)

(くろうさぎ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中