田母神俊雄「日本は核武装をした方がいい。官僚がお膳立てした方が政治はうまくいく」

印刷

   軍事評論家の田母神俊雄(66)が9月11日(2014年)、日本を強くするための方法や日本の民主主義のありかたについてツイートした。

   戦後の日本は「占領政策」のため「強くなるための意見を言うことは悉くタブーとされてきました」といい、「戦える態勢を作ることは戦争を抑止します。軍事力は強い方がいい。核武装もした方が国はより安全です。武器も輸出した方が国は強くなれます」と語る。

   日本は「官僚のお膳立てで政治家が最後の決心をする」が、これも「日本型の立派な民主主義」という。日本の政治が駄目になった理由は「政治主導」を推し進めたせいだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中