ソニン「劇中に『鼻血がプシャー』。ひたすら鼻すすって、下向くフリを全部変えてどうにか頑張った」

印刷

   歌手・女優のソニン(31)が9月12日(2014年)、上演中の舞台「三文オペラ」の中で鼻血を出したとツイッターで報告した。

   鼻血に気づいたのは早着替えの時だった。「鼻血がプシャー」と勢いよく出たそうで、「すぐソロの歌だったのですが、ひたすら鼻すすって、下向くフリを全部変えてどうにか頑張ったのですが、啜る音や喉に流れてきて歌がフガとなったり」という状況だったとか。その後「お客様には申し訳ありませんでした」と謝罪している。

   舞台を見たファンから「ハプニング全く感じさせない素晴らしい演技と歌でした。ポリー嬢の虜になりました」と賛辞を送られ、「血がもれつつもあったので気になってないかと心配していたので、よかったです」とホッと一安心。

   ツイートの最後で「だれか鼻血が出ない薬とか対策教えてください´д` ; ほんと困る。最近出てなかったのに。。。」と悩んでいる。

   「三文オペラ」は28日まで新国立劇場(東京都渋谷区)で上演される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中