神戸「小1女児不明」目撃証言途絶えた午後5時半!なぜか家とは反対方向に歩いてた...

印刷

   神戸で小学1年生の女の子が11日(2014年9月)から行方不明になっている。防犯カメラの映像や目撃証言から行動を追うことはできているが、最後の公園での目撃を最後に消息が途絶える。警察は連日150人態勢で事件、事故両面から捜索している。

不審者がいるので近づかないはずの公園

   きょう16日で5日目になるが、手掛かりはない。不明になっている長田区立名倉小学校1年生の生田美玲ちゃん(6)は、11日午後3時頃、学校から200メートルの祖母宅に帰り、ランドセルを置いて代わりにクマのリュックを背負って外出したらしい。400メートルほど先のコンビニエンス・ストアは、仲良し3人組が毎日待ち合わせをしていた場所で、ここの防犯カメラに午後3時15分ころ日傘をさして歩く美玲ちゃんの姿があった。

   しかし、この日は友だちと会わなかった。その15分後、約100メートル離れたマンションで目撃されている。その1時間後、自宅近くの幼稚園に現われ、近くの人が「早く帰りなさい」と声をかけている。30分後の午後5時頃には学校近くの名倉交番の前の階段に座っていたところを目撃されている。

   その後が奇妙だ。午後5時30分ころ、交番から家とは反対側に450メートル離れた大丸山公園にいるのを目撃されていたが、自宅とは反対方向に歩いていた。なぜこんな離れたところまで1人で来たのか。大丸山公園は不審者がいるので、子どもたちは親から「絶対に行かないように」といわれていた場所だという。「よく変な人が女の子に声かけて追いかけるとか聞いた」と女子中学生はいう。

   いつも一緒だった同級生は「遠いところへ行って迷子になったのかな」「(待ち合わせの)約束したのを忘れて」「美玲ちゃんも大丸山公園には行ったことがないと思う」などと話している。美玲ちゃんの父親も「あそこまで1人で行くとは想像できない」という。自分で探したいが、警察にいわれて家で連絡を待っているそうだ。

マンション植え込みにお気に入りの日傘

   リュックも日傘も母親が買ってくれたもので、とくに日傘はお気に入りだ。その日、傘はコンビニ近くのマンションの植え込みで見つかっている。コンビニ近くにいたのは早い時間帯だった。そこでお気に入りの傘を手放すというのはどういうことなのか。

   きのうまでに警察に寄せられた情報は67件。なかには2日後にJR神戸線の社内で似た子を見たというのもあった。しかし、有力な手がかりはない。現場にいる井口成人レポーターが高台から一帯の説明をした。かなり複雑な傾斜地に民家やマンションが密集していて、学校もすぐ近い。井口は「美玲ちゃんをよく知る人は『友だちをさがしていたのではないか』といっています」と伝える。

   小松靖アナ「いつも手放さない日傘を置いていくかなと考えると、何かあったのかともおもえますね」

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「残っている映像は1人ですよね。わからないことが多すぎます」

   美玲ちゃんは身長115センチ、髪は肩くらいまであり、上がピンク、下が青のワンピース、クマのぬいぐるみがついたリュックサックといういでたちだ。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中