スコットランド「独立選挙」依然として賛成・反対拮抗!あさって昼に判明

印刷

   スコットランドのイングランドからの独立を問う住民投票があす18日(2014年9月)に行われる。最新の世論調査では賛成派と反対派がほぼ拮抗しているという。

   スコットランドはイギリス全体の面積の3分の1を占め、人口約530万人。GDPはイギリスの1割ほどだ。1707年にイングランドに合併されたが、300年ぶりに独立機運が高まった背景には、1970年代にスコットランド沖で発見された北海油田の存在がある。独立することで原油収入の増大が見込まれるのだ。しかし、油田枯渇の懸念や独立後の通貨がどうなるのか、EU加盟など課題は多い。

   コメンテーターの野村修也(弁護士)「課題の多さを考えると、最終的には冷静な方に傾いて、反対派が多くなるという見通しもあるんじゃないかな」

   日本時間のあさって昼頃には結果が判明するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中