「iPhone6」と「6Plus」どっち買う?行列組100人に聞いたら...『両方』も結構いた!

印刷

   アップルの携帯電話機「iPhone」の新機種iPhone6がきょう19日(2014年9月)に発売された。前機種のiPhone5sと比べて画面が大きくなったのが一番の特徴で、画面が4.7インチのiPhone6と5.5インチの6Plusの2種類がラインナップされた。

「どっちにしようか迷うぐらいなら、どっちも...」

   iPhone6と6Plus画面以外の性能などはほぼ同じというが、いったいどちらを買う人が多いのか。「あさチャン!」はきのう東京・銀座と表参道で、iPhoneを買うために並んでいた100人に聞いた。

   結果はiPhone6を買いたい人は35人。「あまりに大きくて自分の手だと操作しきれないと思ってiPhone6ですね」という。6 Plusは48人で、プラスのほうが人気だった。「ぜんぜん画面が大きいんで、ウェブが使いやすいかなあと思ってって6Plusにした」だそうだ。

   「両方買う」が17人いた。「どっちにしようか迷うじゃないですか。迷うぐらいなら、(両方)買っちゃえと」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中