大阪・中心街で空から写真ヒラヒラ数百枚!写ってたのは電車内でケータイいじる男

印刷

   突如、空から数百枚の写真が降ってきた。写っていたのは電車内で携帯を操作する男性だ。なぜばらまかれたのか。先週金曜日の19日午後9時頃(2014年9月)、JR大阪駅近くのビルの屋上からひらひらと紙のようなものが舞い落ちてきた。

   阿部悦子リポーター「最初、通行人はお札が降ってきたのではと色めき立ったそうです。でも、写真だとわかると気色悪いとその場を足早に立ち去ったと言います」

大阪駅隣接のビル屋上から...

   司会の小倉智昭「誰がその写真をばらまいたのだろう」

誰がやったの?

   写真に写っている男性と撮影した知人との間に何らかのトラブルがあったと見られているが、ばら撒いている現場そのものは目撃者がいない。

   小倉「どこからばらまかれたのか見当はついているの」

   阿部「大阪駅に隣接する商業ビルからと見られています。このビルの屋上は庭園になっていて、そこからまかれたようです」

   コメンテーターの橋口いくよ(作家)は「これだけの枚数の写真を現像するのには相当なお金もかかっているはず。それでもあえて実行したというのは、写真に写っている男性に恨みとか精神的なトラブルがあったのでしょうね」という。これは何かの犯罪になるのだろうか。

   阿部「若狭勝弁護士に聞いたところ、『写真のばらまきを認めるために屋上庭園を開放しているわけではないので、建造物侵入になりますということでした。また、写真に写っている人物の肖像権を侵害した罪にも該当するそうです」

   写っている男性はだれがばらまいたかわかっているはずで、まあ、警察としても告訴待ちだな。それにしても、空から紙がひらひら降ってきて、たちまちお札かなんて思うのは映画の見過ぎでしょう。普通はビラを考える。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中