林家木久扇「笑点」復帰は11月?喉頭がん治療でまだ声かすれる

印刷

   7月下旬から喉頭がんの治療のため、日本テレビ系「笑点」(日曜ごご5時30分)を休んでいる落語家の林家木久扇が19日(2014年9月)、埼玉・行田産業文化会館で開かれた「行田寄席」に出演、約2か月ぶりに500人を前に笑わせた。

   放射線治療を受け、一時は声が出なかったが、最近になって話せるようになってきたという。この日は「笑点」メンバーの林家たい平、息子の林家木久蔵とのトークだけで、高座はつとめなかった。

   「笑点」は木久扇の出演のない10月12日放送まで収録済みで、次の収録は27日に予定されているが、所属事務所は「声の調子を見ながら決めたい」としている。のどには治療でついた傷のかさぶたが残っており、声がかすれてしまうという。大声で騒ぎ合う「笑点」はまだ難しそうで、復帰は11月以降になりそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中