「HERO」視聴率20%超!面目施した「月9」...次回作『小栗旬の信長』キムタク超えるか

印刷

   木村拓哉主演のフジテレビ系ドラマ「HERO」(月曜よる9時)は、2001年のシリーズの平均視聴率34・2%にははるかに及ばなかったが、20%の大台超えでなんとか面目を施した。前作の「極悪がんぼ」は9・95%と1ケタ台の惨敗だったから、「月9」関係者もほっと一息だろう。

   この好調を次につなげることはできるのか。10月スタートは小栗旬主演、相手役が柴崎コウの「信長狂騒曲」だ。石井あゆみの漫画が原作で、高校生が戦国時代にタイムスリップし、顔がそっくりな織田信長(小栗の一人二役)から「自分は病弱なので、代わって信長として生きて欲しい」と懇願され、天下取りを目指すというお話である。柴崎は信長の正室の帰蝶を演じる。

   歴史SFだが、小栗の男っぷり、柴崎の天然ボケが見どころだという。はたして小栗はキムタクを超えるか。フジテレビは開局55周年記念プロジェクトと思いっきり力が入っている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中