東京と埼玉「自販機放火」小銭目当てに30件!投入口焼いて硬貨抜き取り

印刷

   東京・葛飾区や埼玉で自動販売機の放火が続いている。きのう23日(2014年9月)も、埼玉・桶川市で清涼飲料水の自販機が燃えているのがみつかった。葛飾区ではその前日、昼日中に燃やされた。

   桶川では硬貨の投入口や釣り銭口が焼かれていたが、現金が盗まれたかどうかはわからないという。桶川ではその前日にも1台が焼かれていた。通りかかった人が見つけて通報し、消し止めた。自販機の前には硬貨が散らばっていたという。

   葛飾でも通りかかった人が、近くにあった消化器で消し止めた。葛飾区ではおとといまでに27台の自販機が焼かれ、約10万円が盗まれている。なぜ葛飾と40キロも離れた桶川なのかはわからない、警察は桶川は模倣犯だろうと見ている。

怖い設置住宅への延焼

   犯行は小銭が目当てだが、焼かれる方の損害は大きい。飲料にしろタバコにしろ全部ダメになるうえに、自販機そのものも簡単な修理では済まない。

怪しがられない

   怖いのは自販機の火が住宅に燃え移る可能性があることだ。3年半前、埼玉・吉川市で自販機の放火が住宅に燃え移って、住宅とアパートを全焼した事件がある。やったのは少年たちで、複数の自販機に次々に放火したため、この被害者宅に消防車が来るのが遅れたのだという。

   防犯に詳しいジャーナリストの梅本正行氏は、ねらわれる自販機には特徴があるという。夜で人通りがなくても、自販機に人がいて当たり前だから不審がられない。そして見通しがいいところ。複数でやるから見張りがいて、だれかくればすぐ逃げられる路地があるなどなど。

犯行は複数―見張りたて次々

   松木安太郎(サッカー評論家)「信じられないですね」

   萩谷順(法政大学法学部教授)「自販機は人目があるところでないと売れませんよね。そこでやるというのは、思慮のない、単純な人間ということで、少年とか、集団でやっちまえとかなんでしょうか」

   梅本「現地で見てみると、夜間はほとんど人が通らないようなところですね。犯行はひとりじゃないから、地域の人が気づいたら110番。これ以外にないですね」

   司会の羽鳥慎一「自販機の前に複数の少年がいてもおかしくないですものね。防ぐにはどうしたらいいんでしょう」

   高村智庸レポーターがスタジオに持ち込んだ自販機を前に、「防犯カメラ」で阻止できる」といったが、「いくらかかるの」という質問に「10万円」。これでは首を傾げる。

   梅本「まともな客とそうでないのとの見極めは難しいが、警察もその気になってもらうしかないですね。地域も意識をもつだけで違ってきます」

   だれが考えてもそれしかないが、多くの場合は警察がとりあうかどうか。器物損壊だと思われたらダメだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中