嵐やっててよかった...メンバーみんな大泣き!感無量のハワイ「デビュー15周年記念公演」

印刷

<ARASHI BLAST in HAWAII>嵐のデビュー15周年記念公演がハワイのオアフ島で行われた。1999年年9月15日、ワイキキ沖のクルーザー船上でグループ結成会見を開いた嵐にとって第2の故郷だ。思い出の地での初コンサートは2日間で約3万人を動員する野外ライブとなった。

   オアフ島西部の高級リゾート地コオリナ。元パイナップル畑を整地した東京ドーム2個分の広さの空き地に、海を望む野外ステージが組まれた。メンバー5人は黒いヘリコプターに乗って登場。真紅のスーツでレッドカーペットを練り歩く。相葉雅紀が「アロハで~す」と笑顔を振りまき、大野智リーダーが「ハワイ祭りでい」とあおる。

   松本潤の威勢のいい「いくぞ、ハワイ」の掛け声で、デビュー曲「A・RA・SHI」からスタートした。デビューから5年単位で現在までをさかのぼる形で、30曲を披露した。

   夕暮れ時には沈む夕日をバックにハワイアンバンドを従え、「マイガール」や「Everything」をハワイバージョンで聞かせる演出も憎い。当時を振り返るインタビュー映像を交えながら、15年の歴史をメンバーとファンが一体になってかみしめた。

ハワイ州知事も大歓迎!「9月19日ARASHI DAY」制定

   アンコールでメンバーがそれぞれの思いを語った。グループ結成に乗り気でなかった大野は結成会見を思い出した。「15年前のハワイで当時、わけが分からないモヤモヤを抱えていたのを思い出しました。でも今はモヤモヤも葛藤もありません」とキッパリ。「15年支えてくれた皆さんのおかげです。16年目も、これからも、ともに人生を歩んでいきましょう」と語り掛け、涙ボロボロ。もらい泣きした相葉は「嵐でよかった」

   メンバー最年少の松潤は「メンバーのみなさん、ありがとう。この5人でよかった」と語り、櫻井翔は「15年前は違和感があった嵐という名をいま、誇りと愛着を持って再びハワイの地に戻れた」と感慨深げに語る。二宮和也は「こんな素敵な場所でコンサートをやらせてくれてありがとう」と客席に向かって深々と頭を下げた。万感の思いが胸を貫き、みんなが涙を流していた。

   いまでこそ国民的アイドルだが、デビュー当時はティーンエイジャーのド新人。ハワイで5000万円かけてデビュー会見を行っても、メディアの扱いは小さかった。人気も知名度も実力もいまとは段違い。若さゆえの荒削り、全力投球でぶつかっていくしか道はなく、不安はメンバーの結束を強くすることで乗り越えていった。

   今回はハワイ州知事から招致を受け全面支援によって行われた。嵐による経済効果は22億5000万円にもなる。福の神、嵐に敬意を表し、9月19日は「ARASHI DAY」と制定された。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中