2018年 9月 20日 (木)

ネットで人気!幻の果物「ポポー」バナナのようで、マンゴーのようで、パイナップルのようで...

印刷

   「ポポー」と聞いてなんだか知っている人はおいでだろうか。三輪秀香アナによると、「幻の果物といわれています。原産地は北米で収穫は9月から10月。傷みが早いので市場に出回りませんでしたが、ネットで紹介したら、収穫農家などのホームページで予約が殺到するほどの人気なんです」

   明治時代に日本に入ってきて、庭木として広がったという。

ネット予約で農家直販

   静岡県静岡市の小高い山にポポーの木が育っていた。背丈は約2メートル、バナナの葉っぱより小さい葉が生い茂っている。枝の間にキュウリを太らせたような黄緑色の実が4つぶら下がっている。持つとズッシリと重たい。皮を剥いて輪切りにして食べる。

   食べた三輪アナ「何の味だろう。バナナやマンゴーのような口当たりで、香りはパイナップルみたいです」

   ポポーの実は収穫してから3日で皮は黄色くなり、味が落ち始めるため栽培家庭で食べる程度だった。しかし、栽培は全国各地で行われている。いま力を入れているのは茨城、静岡、山梨、鳥取、愛媛で、いずれもネット予約の直販でユーザーに届けられている。

   島根県美郷町は広島市立大と共同でポポーで町おこしをしている。ネットで資金を作り、さまざまなポポー製品の開発を試みている。主力商品は隣町の新鮮牛乳と合わせた「ポポーのジェラード」だ。

   スタジオで試作品のジェラードと採れたての実を試食した。

   ジェラードを食べた内藤剛志(俳優)「うん、美味い。これなら大丈夫だ」

   実を食べた井ノ原快彦キャスター「なんだろう...。バナナより柔らかいね」

   三輪アナ「ビタミンとミネラルが豊富なポポーは冷蔵庫に入れれば1週間は持つそうです」

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中