2021年 9月 23日 (木)

彼岸花の名所・奈良「仏隆寺」10万本全滅!真っ赤に埋め尽くされるはずが草むら...犯人誰だ?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   奈良・宇陀市の仏隆寺は、毎年この時期は10万本の彼岸花が広い境内を真っ赤に埋め尽くす。ところが、今年はただの草むらとなってしまった。彼岸花は1本もない。「全滅です。犯人はシカとイノシシ」と市の観光課はいう。

   3年前の2011年の映像を見ると、小高い山の上にある仏隆寺へ向かう参道の右も左も一面の彼岸花だ。山全体が真っ赤。寺と近隣の住民が丹精込めて70年以上も守り続けたものだった。

イノシシとシカ「球根と新芽」食べ尽くし

   訪れた観光客も「あまりにも何にもないから何があったやろとガッカリ」「驚きました。真っ赤な海の中に木立がある感じだったから」という。

   宇陀市観光課によると、この地域にシカが増えており、毎晩現れては彼岸花の球根を食べてしまうのだ。寺の境内はシカの足跡だらけで、「これだけなくなってもまだ掘るかという感じ」という。

   もともとシカやイノシシが多い地域だが、山に木の実がなくなると里におりてきて、近辺の農家の畑を荒らす。そこで農家は畑に柵を作って防護した。電気を通した柵なので中に入れない。そこでシカもイノシシも仏隆寺の境内に向かったというわけだ。毎日、毎晩の攻勢に、さしもの10万本も根こそぎやられてしまった。

   司会の羽鳥慎一「農家は対策をしますわね。その結果、寺がやられた」

   松尾貴史(タレント)「野犬がいないというのも、動物が里へ来る理由になっているんですよ」

   小松靖アナ「イノシシが球根を掘り返して食べる。シカは芽をつんでしまうそうです」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中