2018年 7月 19日 (木)

「ハッピーターン&アイス」不思議な食感と甘さ!食べるほど病みつき...

印刷

   甘じょっぱい「ハッピーターン」はせんべい売り上げのナンバー1ブランド(亀田製菓)だが、これとmeijiのカップアイスが一緒になったという。はたしてお味は...。街で試食した女性たちの感想は「ん? なんだこの味は」「甘過ぎない?」「駄菓子とかの味がする」「手が止まらなくなる」「(ハッピーターンを)食べたあと、指をなめた時の味がする」「普通のアイスで後味がハッピーターン」と反応は悪くない。

開発担当者「秋冬向けのこってり味」

   明治アイスクリームの開発者は「食べれば食べるほど病みつきになっていく」と自信満々だ。「秋冬になると味がこってりとしたお菓子感覚的なニーズが高まる」ので、「ハッピーターンの魔法の粉であるハッピーパウダーをそのままアイスに混ぜ込んだ」という。

   さっそくスタジオでも試食。その反応が面白い。

早くもハマった

   司会の羽鳥慎一「匂いも見た目も普通のアイス。いや、ハッピーターンだ。アイスじゃなくてハッピーターン」

   小松靖アナ「違和感みたいなものはありませんか」

   長嶋一茂(スポーツポロデューサー)「ない。全然ない」

   吉永みち子(作家)はハッピーターンの上にアイスをのせてパクリ。「2倍だ」

   長嶋「これは思ったより食べれるね。びっくりした。もともとハッピーターン大好きで、これ止まんない。なんでアイスなんか出したのかと思ったが、よくわかった」

   羽鳥もハッピーターンのアイス乗せをやってみて、「合いますな。何だこれ」

亀田製菓とmeijiのコラボ

   小松が解説する。せんべいの主な購買層は30代で、アイスは10代から20代なのだという。亀田製菓はより若い層をターゲットにしたかった。そこでmeijiとのコラボができたという。

   飯田泰之(明治大准教授)「冗談みたいな商品かと思ったら、これ本気ですよ」

   羽鳥「棒のアイスのいろんな味のヤツ、面白いけど、うーんとなるじゃないですか...」

   赤江珠緒キャスター「これはアイスとして」

   羽鳥「毎日食べられる」

   長嶋「冬食べる味のアイスにしたんだね。考えたね。術中にはまる」(大笑い)

   「ハッピーターンアイス」の発売は9月29日(2014年)で、130円(税別)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中