やっぱり騙されてるんじゃないか「北朝鮮・拉致調査」全放送・全紙媒体で『すぐ返せ』一斉キャンペーンやれ!
<北朝鮮拉致被害者問題への提言>(各局、各紙媒体)

印刷

   またぞろ北朝鮮が「調査には1年ぐらいかかる」と言い出した。次第に顔の表情が荒んで、どす黒く疲労がにじむ横田早紀江さんの顔を見ると日本人としていたたまれない気持ちになる。やっぱり騙されているのではなかろうか。安倍晋三首相は自分が目立ちたがりのために、口では拉致被害者を心配しているようなことを言いながら、本人がぴょんぴょん世界中を飛び回って、拉致問題についてさしたる進展結果も作り出していないのを糾弾すべきである。
   そこで提案である。失礼ながら昭和天皇の御不例の折、NHKの当時の3チャン(今のEテレ)のみが通常放送をしていて、中村紘子が真っ赤なドレスでピアノを弾いて顰蹙を買ったことがあったが、他はNHK総合、民放各局を問わず、総ての放送局が足並みをそろえて歌舞音曲を中止した。つまり、足並みは揃うのである。
   いい加減な調査結果が出される前に、ある1日、全放送局と全紙媒体が一致して一斉にCM抜きで、朝から晩まで拉致問題の「被害者をすぐ返せ」キャンペーンを張ったらどうだろうか。スポンサーにも協力させる。若者を動員してこのキャンペーンを全世界に向けて、あらゆる言語でネット配信する。ヨーロッパに行くといつも感じるが、日本のニュースなんか片隅にも出ない。それが全媒体のキャンペーンとなるといささか迫力をもってグローバルに配信されると思う。金正恩だって年中日本のテレビをチェックしているのだ。(2014年9月)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中