2019年 12月 15日 (日)

逸ノ城の強さ!「白鵬もあきれる太もも」子どもの頃から内股掛けて馬倒す遊牧民

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

白鵬「こんなのがいたの!?恐ろしいな」

   「来たときから太ももが太かった。なんだこの太ももはと思った」と城北校の石浦外喜義監督はいう。白鵬も彼を見て「こんなのがいたの。恐ろしいな。俺がやめる頃に(横綱に)来るんじゃないの」といっていたとか。それがまさかまさかで、今日に至った。

   では、どうやってその太ももはできたのか。秘密をうかがわせるビデオ映像があった。少年たちが子馬を追いかけて捕まえている。首にかじり付いて次にはなんと足払いで馬を倒していた。自分の体より大きい馬を次から次にねじ伏せ倒している。いやはや。

   司会の羽鳥慎一「これで自然に稽古してたわけ? いままでのモンゴルの力士は都市部の方なんですね」

   青木理(ジャーナリスト)「逸ノ城関みたいな人がもっといる可能性がありますね」(笑い)

   石原良純(タレント)「これが日常なのね」

   赤江珠緒キャスター「内股かけてますよ」

   こんなのが次々に現れたら大相撲はどうなる?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中