2019年 5月 23日 (木)

NHK朝ドラ「マッサン」好スタートの視聴率21・8%!「花子とアン」と同率

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   29日(2014年9月)にスタートしたNHK連続テレビ小説「マッサン」の初回視聴率をビデオリサーチ社が発表した。関東地区は21・8%、関西地区が19・8%だった。21・8%は過去10年間で最高視聴率となった前作「花子とアン」の初回と同じで、好発進となった。

   物語はニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝夫婦の人情喜劇で、朝ドラ初の外国人ヒロイン。朝ドラはタイトルの最後に「ん」「ン」がつく番組はヒットするというジンクスがあり、「マッサン」もそうだ。好調続くかどうか。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中