2018年 11月 13日 (火)

ハリウッドセレブが国連PR ―ディカプリオ「平和の使者」、エマ・ワトソン「ウイメン親善大使」

印刷

   ハリウッドセレブたちが国連のPRに一役買っている。レオナルド・ディカプリオは国連平和の使者に任命され、気候変動サミットで演説を行い拍手喝采を浴びた。ハリポタ女優のエマ・ワトソンは国連ウイメン親善大使に就任し、本部で開催された女性サミットで男女平等と性差別の撤廃を訴えた。

ビクトリア・ベッカムも親善大使!上から目線で評判イマイチ

   元スパイスガールのビクトリア・ベッカムも国連親善大使に選ばれ、エイズ基金を応援している。しかし、メールでの評判はイマイチで、「彼女が親善大使? 勘弁して」「金ならあるわ。だから私の言う事に耳を傾けなさいって感じ」「アンジェリーナ・ジョリーの真似?」など冷たい。

   たしかに、国連本部で会見したビクトリアは相変わらずの仏頂面で、「南アを旅して人生が変わった...」云々のコメントも内容が薄い感じ。今後の活躍を期待したいが...

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中