「拉致調査」説明するから平壌に来い!?報告遅れ開き直り―北朝鮮にまた騙された

印刷

   「やっぱり」というべきか、「またか」というべきか。北朝鮮の拉致被害者調査に関して、安倍首相はきのう30日(2014年9月)、北朝鮮からの報告は得られず、平壌での確認を求められたことを明らかにした。政府は外務省の実務者を平壌に派遣するとしている。

日朝合意は「夏の終わりか秋にはじめに最初の報告」

   29日に中国・瀋陽で開かれた日朝政府間協議で、北朝鮮は「調査には着実に取り組んでいる。初期段階で具体的な調査結果を報告できる段階にない。調査の詳細な現状について、平壌に来て特別調査委のメンバーに直接聞いてほしい」と述べたという。これを伝え聞いた首相はとくにコメントはしなかったが、北朝鮮のいう平壌への担当者の派遣の調整に入った。

危惧していた通り

   拉致問題の再調査では、この5月の日朝合意で「夏の終わりか秋の初め」には最初の報告があると双方が了解していた。これを受けて、拉致被害者家族には「長年待っていた機会がきた」(拉致被害者家族連絡会代表・飯塚繁雄氏)など期待が高まり、7月には対北朝鮮経済制裁も一部解除された。

   しかし、夏が終わって秋が深まっても動きはなく、結局こうなった。被害者家族の落胆は大きい。横田めぐみさんの母・横田早紀江さんは「いままでもウソばっかりつかれ続けてきた経験がありますから、なんとなく今までと違って、苦しいような時間ですね」と話す。

   交渉のポイントは3つ。まずは日本政府が認定している拉致被害者12人の安否。次が470人ともいわれる特定失踪者の消息。そして残留日本人である。むろん日本政府の主たる眼目は拉致被害者だ。だが、コリア・レポートの辺真一編集長は「平壌へ行っても、被害者12人ではなくて、特定失踪者の何人かで幕引きをはかろうとしているのではないか」と見る。

宮沢賢治「注文の多い料理店」のような北朝鮮...次々と難題

   司会の羽鳥慎一「危惧していた方は多かったと思いますが、結果、こうなったなと...」

   宇治原史規(タレント)「脱力感ですね」

   羽鳥「あきれるという人もいましたが、やっぱりやる気はないのかな」

   萩谷順(法政大学法学部教授)はこういう。「宮沢賢治の『注文の多い料理店』というのを思い出しますね。次ぎから次とパズルにかけられている印象ですね。

   独裁国家相手の交渉が難しいのは事実だが、安倍政権は拉致問題の解決を期待されて登場した面もあり、何とか解決してもらいたい。政府を批判しても今以上の圧力はかけられないのだから、くやしいけどがまんして粘り強く交渉していくしかないんでしょう」

   平壌に乗込んで何かが得られる、とりわけ12人について前向きの答えがえられるくらいなら、とうに発表していることだろう。だいいち、拉致した日本人の動静はすべて把握していて当然なのだから、端からだましていたということにもなる。これはまさに脱力感だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中