2020年 9月 29日 (火)

荒れる高齢者!「暴力事件の検挙者48倍」傷害負わせたり暴言浴びせたり...

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

<なぜ?シニアの『感情暴走』>高齢者(65歳以上)の暴言や暴力行為が急増している。「この20年間で傷害事件は9倍、暴力事件の検挙者は48倍になっています。しかも3分の2の人は初犯です」と瀬田宙大アナが伝える。若いころからの乱暴者が年を取ってきたというのではない。年を取ってから暴れるようになったのだ。高齢者に何が起こっているのか。キャスターの柳沢秀夫解説委員は「なんで増えているのか。環境や背景を見ないと解決できないと思う」と語る。

パジャマ忘れて病院で大暴れの会社会長

   都内の私立病院の従事者3万人のアンケートでも、高齢者から暴言や暴力を振るわれた人は44.3%にも上っている。主任看護師の田中章子さんもいわれなき暴力を60代の男性患者から振るわれた。

   検査入院で来院した男はパジャマを持参せず、「病院で用意してくれ」と言う。担当の若い看護師の「パンフレットに書いてあったと思うんですけれど」と言ったとたんに男はキレた。「ふざけるな。なんだその言葉は。上の者を呼べ」と怒鳴り始めた。謝りに行った田中さんを数回殴りつけて引き倒した。警察官が駆けつけると、男はある会社の会長とわかった。「普段は穏やかそうな人でしたけど」と田中さんは溜息をつく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中