2018年 8月 17日 (金)

「御嶽山」何人が登っていたのか?登山届提出は一部!被害実態把握できない対策本部

印刷
提出されていません

   戦後最悪の火山災害となった御嶽山噴火では、噴火から5日経った1日(2014年10月)になっても、「何人が入山していたのかさえ、いまだわからない」(長野県災害対策本部)という。警察、役場の問い合わせ窓口には、「家族が登ってるかもしれない」「連絡が取れない」という電話がいまだにある。

   井上貴博アナ「その要因のひとつとして挙げられているのが、登山届です」

   登山に際しては、遭難したときの備えとして登山届を出すのがルールだが、提出を義務づけられているのは谷川岳など3か所で、それ以外は任意のため、提出率は低い。このため、御嶽山でも登山届では被害の実態がわからないのだ。

   専門家は「登山届を出さないと、被害に遭ったことにすら気付いてもらえない可能性がある」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中