アジア大会でカメラ窃盗・冨田尚弥選手が帰国!「なぜやったのか?」には沈黙

印刷

   前代未聞、あきれたというかわけがわからんというか、アジア大会の会場でカメラを盗んだという水泳の冨田尚弥選手(25)がきのう1日(2014年10月)に帰国した。なぜそんなバカなことをしたのか。いちばん聞きたいところだが、ひと言も語らなかった。

水泳競技場で韓国メディアの機材80万円相当―仁川地検は略式起訴

   ことが起こったのは先月25日だ。韓国・仁川の水泳競技場で韓国メディアのカメラ約80万円相当を盗んだとして逮捕され、仁川地検は窃盗罪で略式起訴した。日本選手団は冨田の選手団からの追放を決め、以後は選手村で謹慎していた。

よくわからない

   冨田は前日の100メートル平泳ぎで4位、この日の50メートルでは予選落ちしていた。会場で韓国記者が置いていたカメラからレンズを外し本体を持ち去ったのだが、監視カメラの映像から冨田が浮かび、警察の事情聴取に犯行を認めた。この日、書類送検されたことで帰国となった。

   ソウルの金浦空港では記者団のカメラの前で「このたびは大変お騒がせしてまことに申し訳ございませんでした」と頭を下げたが、「どう考えているのか」などの質問には一切答えなかった。また、羽田空港でも頭を下げたものの、他は無言を通した。

   代わって、冨田が所属するデサントの春木亮一監督が「われわれは事実と情報収集が先決だと思っています」と話した。事実確認もできておらず、「本人は通常の状態ではないので、問いつめることもできません」と話す。「通常ではない状態とは」と問われて、「食事ができていないとか...」

とくにカメラ好きというわけでもなく..だったらなぜ?

   冨田はとくにカメラに興味を持っていたわけではないという。

   小松靖アナ「だったらなお、じゃあなぜ?と聞きたくなりますよね」

   司会の羽鳥慎一「この事件、何度見てもいったいなんだかよくわかりません」

   赤江珠緒キャスター「そうですよねぇ。大会に参加している選手なんですから」

   羽鳥「どうなってるんでしょう」

   松尾貴史(タレント)「わかりませんけど、たとえば緊張感であったり、気分が高揚したところで、普段なら抑えるところがつい出てしまったとか。釈明で気持ちをださないと、誠意がないととられてしまいます。ひょっとすると、上から何もいうなといわれているのかもしれない」

   羽鳥「次のオリンピックもねらえる選手ですから...」

   宮田佳代子(ニュースキャスター)「私たち以上に関係者の方が『なんで?』と思ってるんでしょうね」

   デサントはきのう付けで、謹慎処分とした。奇妙はことだが、「ボクやってないです」といったという報道もある。ともかくわからん。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中