紅白歌合戦「紅組司会」吉高由里子が内定!?『日刊スポーツ』が伝える

印刷

   けさ2日(2014年10月)付「日刊スポーツ」が大晦日のNHK紅白歌合戦の紅組司会に吉高由里子が内定したと報じている。先月終了した朝の連続テレビ小説「花子とアン」がここ10年間で最高の視聴率22・6%を記録し、ヒロインの吉高に幅広い視聴者の支持があるという判断だという。

   たしかに、去年の綾瀬はるかを除くと、「ゲゲゲの女房」(10年)の松下奈緒、「おひさま」(11年)の井上真央、「梅ちゃん先生」(12年)の堀北真希と、紅組司会は朝ドラヒロインがつとめている。

   ただ、「花子とアン」では葉山蓮子役を務めた仲間由紀恵の人気も高く、すでに司会の打診を受けたという報道もある。仲間はこれまでに司会を4回勤めており、信頼性は高いがマンネリを心配する声もある。さらに、吉高と仲間の「コンビ司会」というサプライズもうわさされている。今月中旬に発表される予定だ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中