正月「おせち」予約受付スタート!今年は「節約派」と「高級志向」二極化

印刷
「もうこんな季節になりました」

   井上貴博アナが伝える。デパートなどで来年正月用のおせちの予約受付が始まった。今年は節約派と高級志向の二極化に対応した品ぞろえが目立つという。

1万800円と21万1680円

   「あさチャン!」がおせちの値段を比べたところ、東京の日本橋高島屋の「和風おせち和一段」1万800円(税込み)、東京吉兆の「和三段重」は21万1680円(税込み)だった。

日本の文化

   佐藤渚アナ「(高いほうは)なかには大きな鯛が丸々1匹入っていたり、ハマグリも入っています。ただ、素材の違いだけではなく、お一人用や核家族の少人数用ということで、量と値段に違いが出ているそうです」

   司会の夏目三久「(おせちは)ちょっと作ったりもしますけど、やっぱりおせちって文化が残ってほしいなと思いますよね」

   TBSの牧嶋博子解説委員は「そうですね。でも子供は食べないですね、おせち。私がひたすら残ったのを食べるみたいになってしまって」という。それがためか、おせち一切なし、正月からファストフードという家庭も少なくないらしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中