松島法相の「赤いストール」で本会議20分遅れ!アントニオ猪木は禁止なのに...

印刷

   松島みどり法相のストールをめぐって、参院議院運営委員会が紛糾した。松島だが1日(2014年10月)の参院本会議で赤いストールを着用していたことについて、赤いマフラーがトレードマークのアントニオ猪木参院議員は参院規則でマフラー着用が認められていないのに整合性がない、と議論になり、本会議の開会が20分遅れた。

どっちでもいい

   参議院ではストールについての決めごとはなく、過去にも着用した議員がいたという。議院運営委は7日の理事会で引き続き協議する。

   キャスターの齋藤孝は呆れたように、「どっちでもいいような気がしますけどね。20分も議論する内容じゃないように思いますけどね」という。

   TBSの牧嶋博子解説委員「どちらでもいいが、男女平等にしたほうがいいのでは」

   斎藤「じゃあ、アントニオ猪木さんもいいということ?」

   井上貴博アナ「スタジオの意見としては、猪木さんもOKという感じでした」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中