「ヤフーメール障害」生きた心地がしなかった5日間!仕事の依頼・指示来てないか、会議スッポカシていないか

印刷

   もうこれじゃあ、オオカミ少年もいいところ。×日になったら復旧する予定です。×日に予定しておりましたが、△日中には復旧する予定です。もういいよ、それ何回繰り返したらすむのさ。それに次回は○日午前9時を目安に状況を報告しますと言いつつ、何時間も遅れて発表。予定していた報告が遅れ申し訳ございませんでしたの謝罪一文のみ。もう子供以下なのか。報告遅れてごめんなさい。それじゃぁ警察いらんだろ。

   そう、私もヤフーメール障害の被害者です。全ユーザーの約8%に選ばれちゃった人です。あれ、おかしいなと思ったのが9月30日午前9時30分(2014年)「もう1通返信しなくちゃと思ったら、メールサーバーにアクセスできなくなった。障害が発生したとされる10分後だ。そこからまったくメールを確認すらできない状況が続いた。同じヤフーメールユーザーでも問題なく通常通りに使えている人もいるのに、4日間もメールが使用できず世の中の動きと遮断されているのは悔しくてたまらない。

何度アクセスしてもテレビ局とつながれない

   27日にも一時的にメールが受信できなくなったが、その時は1時間後ぐらいだったろうか。いっぺんにドドドッと受信メールが来た事で障害があったことを知った。だがしかし、今回の障害は前回とはくらべものにもならない。

   30日はスマホ、自分のPC、テレビ局の番組用PCからヤフーメールにアクセスしても全くダメ。これからの会議で提出しなくてはならないスタジオ台本があるのに送ることができない。自分で書いたものとはいえ、細かい部分までは覚えていない。記憶のかぎり台本を書き直し、後は時間が間に合わないので項目だけ書いて口頭で説明した。

   このヤフーメール障害を最も早く伝えたのがJ-CASTニュースだった。そこにはユーザーから「原稿が送れなくて困っている」というつぶやきが見られるとあったが、まさにその状態だったのだ。受信メールを確認すらできないのは本当に痛い。この期間中にどれだけ仕事のメールがやってきていたのか気になってしょうがない。

   しかも、障害期間中に受信したメールを復旧してから改めて受信することは不可能だろうとヤフー側は発表していた。1日夜には、ヤフーメールに送った人が「アドレスが見つからない」と返信される状況になっているとわかり、少しは安心した。数日間連絡ないということで仕事を打ち切られていたり、会議の予定をスッポカシていたりしていたらフリーにとっては大損害だ。連絡すらよこさない非常識な奴というレッテルを貼られてしまったらたまったもんじゃない。

「ごめんなさい」だけじゃ困るぞ!フリーメールやっぱりダメか...

   フェイスブックでヤフーメールが使えない状況であることは書いてあるけれど、関係者が見ているとは限らない。近々の番組関係者などにはショートメールや実際に会社に出向き直接状況説明をすることにした。

   J-CASTのコメント欄には、フリーメールをメインメールにしている方がバカだといった書き込みがあったが、フリーランスの人の中には仕事用にフリーメールを使っている人は結構多い。節約のためにフリーメールにしていたけれど、ちゃんと保障があるサーバーと契約しなくてはいけないと痛感した。

   それにしても、スマホのヤフートップページは障害についての情報が見やすくレイアウトされているが、PC用トップページでは小さくしか表示されていない。本当に困っている人がいるのに、その対応はいかがなものか。これで4日間の賠償もないとなるとかなり辛い。いらいらし続けた約400万人のユーザーは文句も言えないのか。この中から信頼を裏切られた人がどれだけヤフーから離れていったんだろうか。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中