2018年 9月 20日 (木)

「イスラム国」戦闘員応募の北大生 東京・杉並で 「男3人女1人」シェアハウス暮し

印刷

   警視庁公安部は北海道大学の男子学生(26)ら日本人数人を私戦予備・陰謀容疑で事情聴取した。イスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」の戦闘に参加する計画を立てていた疑いだ。山本匠晃アナはこのニュースを家宅捜索の映像とともに取り上げたが、公安ネタは取材が難しいのはわかるが、わずか1時間足らずの間に4回もくどくど繰り返しコメントもなかった。

近所の住民「夜の出入りがあったので怖い」

   東京・秋葉原の古書店に「勤務地:シリア、詳細:店番まで」と書かれた求人広告が出ているという情報をもとに捜査したところ、古書店関係者の知人で北大生らがシリアへの渡航を計画していることが浮上した。事情聴取をしたところ、北大生は「シリアに渡航する求人広告を見て応募した。イスラム国の戦闘員として働くつもりだった」と話したという。

   公安部は6日(2014年10月)、北大生らが住んでいた東京・杉並区のシェアハウスら関係先数か所を捜索して旅券などを押収した。近所の住民は「(シェアハウスには)男の人3人と女の人1人が入っているのではないか。夜の出入りがあったので怖い」と話している。

私戦予備・陰謀ってどんな犯罪?外国に戦闘仕掛け...事前に自首すれば免罪

   イスラム国の戦闘に加わろうという日本人の存在が明らかになったのは初めてだが、容疑の「私戦予備・陰謀罪」の適用で調べるのも初めてだ。山本アナが日本経済新聞に掲載された解説を読み上げた。「刑法の『国交に関する罪の一つで、個人的に外国に戦闘を仕掛ける目的で準備したり、陰謀を企てた場合に3か月以上5年までの禁錮刑が科される。未然防止が目的のため自首した場合は必ず刑を免除すると規定されている」という。

   イスラム国はイランとシリアで勢力を拡大していて、欧米のジャーナリストらを処刑し、その映像をインターネットで公開するなど残酷なテロ行為を続けている。戦闘要員をインターネットで募集していて、現在1万5000人以上の外国人が参加しているといわれている。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中